巻 頭 言

   
「生とは死とは」  会長 吉永 馨
  

   
私たちは生と死を20年以上学んできました。生と死のセミナーも117回を数え
  ました。なぜこんなに学んでいるのでしょすか。それはよりよく生きるためにほかな
  りません。
   人は生きて来たように死ぬといわれています。それはそうですね。死ぬまでは生き
  ているわけですから、死ぬ直前の様子は生の最後の様子に過ぎません。立派に死ぬた
  めには立派に生きなければならないのです。
   それにしても生とは何でしょう。死とは何でしょう。深く考えれば分からなくなり
  ます。20年学んでも分かるわけではありません。しかし多くの死を学び、様々な事
  例に触れますと生の尊さ、得難さ、掛け替えのなさが分かってきます。

   そうだ、この尊い、得難い、掛け替えのない生をよりよく生きたいと思うようにな
  ります。それでいいのでしょう。これが私たちの目的なのでしょう。

   みなさま、生と死の学びには終わりがありません。今後も今まで通り学びを続けて
  いきましょう

              
  
 ◆2010年度定期総会報告

 ◆米国における症例研究「怒り」
  〜アメリカのホスピス看護師マギー・カ
   ララナンの著書より紹介〜
  (がんにかかった場合の怒りがおもてに
   出た症例を紹介)

 ◆「生と死」のセミナーだより
  第115回セミナー
   「藤沢町で行ったこと、考えたこと」
         講師 藤沢元美氏
  2010年度定期総会特別講演
   「永遠の命への道」
         講師 山浦玄嗣氏
  第116回セミナー
   「モノを通じて見た現代人の死生観」
         講師 鈴木岩弓氏
  第117回セミナー
   「こんな事やってます。考えてます」
         講師 S氏(がん患者)

 ◆青少年のためのターミナルケアに関する
   出前講座開始報告

  ホームページ紹介
  仙台経済界「特集・仙台圏医療崩壊」
   からの取材より

 ◆寄稿
  「わたしが死に直面したとき」
             吉崎泰博氏
  「エッセイ…時の流れ…」
             小笠原義道氏
 

        
 
※ 会報の詳しい内容をご覧になりたい場合は、仙台ターミナルケアを考える会事務局に
  お問合せ下さい。
 



                             戻 る
  沿 革   
 
  会 則   
 
  役 員   
 
 生と死のセミナー
 
  会 報    
 
 出前講座/その他
 在宅療養Q&A
 
  お知らせ  
 
  リンク   
会報40号
リーフレットはこちらから ダウンロードできます↓
遺族の会 ふれあい
ホスピス 110番
仙台ターミナルケアを考える会