現在、約三人に一人ががんで亡くなる時代になってきています。
  仙台ターミナルケアを考える会は、がんによって終末期(ター
  ミナル)を迎えた患者、家族などに対するケアの問題を中心と
  して「生と死」の臨床的な意味について学び、考えるとともに、
  必要なケアの実践及び情報の提供に関する事業を行っています。
  医師や看護師をはじめ、医療、教育、宗教など幅広い分野から
  多くの方々の力を結集し、QOL(Quality Of Life)向上に
  寄与することを目的に展開しています。
 新着情報

 平成30年度
 「生と死」のセミナー
 のお知らせ こちら



 会報第56号発行
       こちら

 
 



  
  青少年のための 「命と心の授業」 お申込み
 お知らせ

 平成28年度
 青少年のための出前講座
 「命と心の授業」
 実施報告  こちら
  

 事務局:〒983-0836 仙台市宮城野区幸町4丁目7−2
     みやぎいのちと人権リソースセンター2F
(毎週水曜日13:00〜16:00)
     tel・fax 022-293-3275
     E-mail:t-care@poem.ocn.ne.jp

  沿 革   
   
  会 則   
 
  役 員   
 
 生と死のセミナー 
 
  会 報   
 
 出前講座/その他 
 
 在宅療養Q&A 
 
  お知らせ  
 
   リンク   
リーフレットはこちらから ダウンロードできます↓
遺族の会 ふれあい
ホスピス 110番